梅沢富美男さんも愛用の根昆布の出汁「ねこぶだし」美味いもの市

【人生の楽園】うどん馳走 山石土平 幸せの味(夫婦うどん)場所

人生の楽園 うどん馳走 山石土平 滋賀県長浜市 うどん店 場所 グルメ

人生の楽園は、滋賀県長浜市が舞台。
琵琶湖の眺めが美しく、歴史ロマンあふれる場所。

町のシンボル・長浜城の目の前にある小さなお店。
のれんをくぐると「いらっしゃいませ」と夫婦の元気な声が響き渡ります。

お店は、地元のお客さんで賑わい活気ある店内で、みんな美味しそうに食べているのが「うどん」です。

ご主人の岩坪健一さん(56歳)と妻の岩坪千佳さん(55歳)が3年前に始めた「うどん馳走 山石土平」です。

モチモチといた自家製麺が自慢で、茹でたてを水でしめ、上には揚げたて天ぷら、特製のつゆをかけて頂くさぬき系の「ぶっかけうどん」が大人気です。

長浜市出身の健一さんは24歳の時、高校の陸上部で知り合った千佳さんと結婚。
2人の娘が生まれました。

市役所に勤め、真面目に仕事に取り組んできたものの、40代になると、「このままでいいのか、やりたいことはこれなのか」と、ふと立ち止まるようになったのです。

健一さんが刺激を受けたのが、千佳さんのご両親で、地元で愛されていた小さなお店「ふたば食堂」を夫婦で営んでいました。

しかし12年前、千佳さんのお母さんが亡くなり、千佳さんと共に健一さんも皿洗いなどを手伝うようになります。

跡取りがいない店の将来を案じた健一さんは、料理経験の無い自分にも出来ることはないか模索し始めます。

そんな時に知ったのが、製麺機を使って作る「さぬき系うどん」です。製法を学ぶ講習を受けていました。

しかしその矢先、千佳さんの父・実太郎さんが病気で突然亡くなり、店舗だけが残されました。

「やるなら今しかない」と夫婦は動き始めます。
健一さんは30年勤めた市役所を早期退職し有名うどん店で修行し経験を積み、店内を改装し、2015年に「うどん馳走 山石土平」をオープンさせた。

目指すは千佳さんのご両親のように地元のお客さんに愛されるお店です。
50代を過ぎて、市役所職員から飲食業への転身。
お客様に満足していただけるように、小麦粉の銘柄、配合の割合を何度も試行錯誤しデータを積み重ね研究しこだわりの麺が完成。モチモチとした麺を目指しています。

地元で愛されるお店を目指し日々努力しているご夫婦のお話です。

スポンサーリンク

うどん馳走 山石土平

店名:うどん馳走 山石土平
住所:〒526-0065 滋賀県長浜市公園町3−19
電話:0749-53-4639

「うどん馳走 山石土平」さんの周辺の地図・場所

ぜひ近くに行くことがあったら、ご主人自慢のうどんを食べてみたいですね。

コメント