梅沢富美男さんも愛用の根昆布の出汁「ねこぶだし」美味いもの市

若木屋(峠の豆腐や 髙岸修輔)佐賀・武雄市 場所 人生の楽園

髙岸修輔 峠の豆腐や 若木屋 佐賀県武雄市にあるお豆腐屋さん 人生の楽園 グルメ

人生の楽園 2018年3月3日(土)放送は、佐賀県武雄市「大豆香るふわふわ豆腐 峠の豆腐や 若木屋」が取り上げられました。

髙岸修輔 峠の豆腐や 若木屋 佐賀県武雄市にあるお豆腐屋さん 人生の楽園

佐賀県の西部に位置する武雄市で叔父の意思を継ぎ美味しい豆腐作りに精進する髙岸修輔さん(62歳)は、勤めていた服飾メーカーが規模を縮小することになったため、職を失います。

ちょうどその頃に、高齢の叔父夫婦から、営んでいる豆腐店の後継者にならないかと相談を受ける。

可愛がってもらった恩返しと、職人という職業に憧れを持っていた事で、修輔さんは豆腐職人の道へ進むことになった。

福岡で暮らす家族と離れ、叔父夫婦の自宅に居候しながら豆腐作りを学び始める。

その後、2015年に叔母、後を追うように叔父も亡くなりました。

スポンサーリンク

峠の豆腐や 若木屋 2代目店主 髙岸修輔さん

若木屋には、先代の頃から働いてくれてるベテランの豆腐職人や、女性従業員がおり、店主になったばかりの修輔さんを支えてくれています。

理想は「絹ごし木綿豆腐」

理想とするのは、木綿のかたさを残しながら、絹ごしに近いきめ細かい木綿豆腐を目指しています。

峠の豆腐や 若木屋

こだわり

松浦川の源泉より湧き出す豊かな天然水を使用。

地元産(フクユタカ)の大豆を使用。

豆腐作り一筋65年。こだわりの本当に美味しい豆腐を作る。

峠の豆腐や 若木屋の周辺の地図・場所

住所:〒843-0151 佐賀県武雄市若木町大字川古106

グルメ
スポンサーリンク
生活通信をフォローする
生活通信

コメント