梅沢富美男さんも愛用の根昆布の出汁「ねこぶだし」美味いもの市

ともこ工房(米飴)農家民宿ななさと 人生の楽園 高知・黒潮町

高知県・黒潮町 ともこ工房・農家民宿ななさと 米飴セット 人生の楽園 旅・宿・温泉

今週のテレビ番組「人生の楽園」(2018年4月14日放送)は高知県黒潮町で、子供の頃から食べ親しんだ米飴(こめあめ)を残そうと、米飴を生産する「ともこ工房」を営む堀由紀さん(56歳)と、母の委子(ともこ)さん(79歳)が主人公です。

農家民宿ななさと 高知県黒潮町七郷 人生の楽園

出典:農家民宿ななさと

テレビ朝日「人生の楽園」に「ともこ工房」紹介 Facebook

TVに出ます!

西田敏行さんナビゲーターの「人生の楽園」(テレビ朝日)に取り上げていただきました。放送日は4月14日18時からです。
高知はケーブルテレビでないと観られないかもしれません。。。BSで再放送もしていますがかなり先になるそうです。
観られる方は是非!ご覧ください。

出典:ともこ工房Facebook

またともこ工房の敷地内に「農家民宿ななさと」も経営しています。

スポンサーリンク

ともこ工房とは?

高知県幡多郡黒潮町加持川沿いの北郷地区はキレイな川が流れる自然豊かな山間の里に、とこも工房はあります。

田舎の素朴さを大切にし、地域に昔から伝わるもの、消えかけているものをもう一度しっかり受け継ぎ、次の世代へつなげる活動をしています。

幡多の良さを七郷というこの地域の伝統を守っていく伝える責任があると感じて店主は頑張っておられます。

ともこ工房さんでは、子どもの頃から「母の味」として代々受け継がれてきた「米飴」の生産を中心に、素朴な暮らしの中で、自然を大切に活動を続けています。

農家民宿や農業体験もできます。

米飴ができるまで。

自家製のお米、そして麦芽をじっくりとゆっくり、薪を燃やして昔ながらの方法で作っています。

米飴の作り方(ともこ工房)

  1. 自家製、減農薬米を炊き上げたら、ぬるま湯を入れて60度まで温度を下げます。
  2. 糖化させるため、自家製・無農薬麦芽を入れ密封し、6~7時間ゆっくりと寝かせます。
  3. 糖化させた米と麦芽を丁寧に、ゆっくり絞ります。
  4. 絞り切ったら大釜に入れ、薪に火を入れます。
    薪は火力調節など大変気を遣いますが、ガスで作るものとは全然仕上がりが違うのだそうです。手間暇かけて、大事に大事に作っています。
  5. アクを丁寧に取りながら、5~6時間ほど炊きつめます。
    丁寧に灰汁を取る為、「ともこ工房の米飴は透明感があり、なめらかで優しい味」と好評です。
  6. べっ甲色にまで煮詰めたらようやく完成。おいしい米飴の出来上がりです。

薪をつかって手間暇かけて作る米飴は感動しますね。昔ながらの伝統を守って伝えてく、ともこ工房さんの心意気は素晴らしいです。

ともこ工房の商品一覧

  • 米飴(もち米)90ml 540円
  • 米飴(うるち米)90ml 540円

米飴(こめあめ)高知県にある「委子公房(ともこ)」販売

高知県 幡多郡 黒潮町〈ともこ工房〉の「米飴」は豊かな自然のなかで栽培された 自家製 減農薬米・無農薬麦芽のみが原材料。
薪のかまどに大鍋を使い、ゆっくり手間暇をかけて大切に作っています。

「米飴」は、昔ながらの製法で、米と麦芽を糖化させて作る伝統的な甘味料。
砂糖のように血糖値を急激にあげないため、体に負担がかからず栄養価も高いことから、健康に気を遣う方、お子様や自然派志向のみなさまに大好評をいただいております。

  • 米飴ギフトセット 2,268円

高知県・黒潮町 ともこ工房・農家民宿ななさと 米飴セット 人生の楽園

〈ともこ工房〉では、地域の伝統として残っていた「米飴(こめあめ)」を昔ながらの方法で作っています。
添加物を一切使用せず、自家製の米と麦だけを使い、焚き火をくべた大鍋で、じっくりゆっくり手間暇かけて作る、安心・安全な伝統の甘味料。

この「米飴」は、昔は「りょうせん」と呼ばれ、千年以上の歴史があるとも伝えられています。
砂糖のように血糖値を急激にあげないため、体に負担がかからず栄養価も高いことから、健康に気を遣う方、お子様や自然派志向のみなさまに大好評をいただいております。

米飴(もち米・うるち米)200mlが2つ入ったギフトセットです。
米飴を使用したロースイーツのレシピ付き。

  • 花はぶ茶 500円

花はぶ茶 ともこ工房 ノンカフェイン 人生の楽園

「はぶ茶」は昔から便秘・高血圧・胃弱に効果があるとされ用いられてきました。
カフェインを含まないので子供や妊婦さんでも安心です。

〈ともこ工房〉の「花はぶ茶」は、はぶ茶の中に花を入れることで、彩りや香り、味ともに良く、地域でも人気の商品です。

出典(画像・文章):ともこ工房HPより

スポンサーリンク

ともこ工房さんはSNSでも話題

ともこ工房

店名:ともこ工房
住所:高知県幡多郡黒潮町加持川835-1
電話:0880-43-1841
営業:平日10:00~18:00
休み:土日、祝日(不定休あり)
取扱商品:米飴など
宿泊:農家民宿「ななさと」1日2組限定(定員10名)の一軒宿
URL:http://www.kuroshio-megumi.com/

農家民宿ななさと

ともこ工房の敷地に併設されている農家民宿「ななさと」。

ゆったり気持ちよく、くつろいでいただけるように、家具調度品や雰囲気にこだわって建てられている。

1日2組限定(定員10名)ですが、贅沢に一棟まるごと貸切も可能です。(宿泊・宴会など)

お食事は、朝夕食をご用意できますが、キッチン家電を完備してあるので、食材を持ち寄って仲間とわいわい過ごすのも楽しみの一つです。

ともこ工房の農家体験プログラムもあるようなのでお問い合わせください。

宿泊料金

■1泊2食:中学生以上〜大人 8,000円/1名・小学生 5,000円/1名
■3歳以上小学生未満 3,000円/1名(食事なし)・3歳未満 無料(食事なし)
*連泊割引あり

詳しくはホームページでご確認ください。

ともこ工房の周辺の地図・場所

まとめ

テレビ番組「人生の楽園」(2018年4月14日放送)で、高知県ある「ともこ工房」さんが紹介されました。

ともこ工房さんの取組や販売商品、宿泊予約についてまとめてみました。

コメント