梅沢富美男さんも愛用の根昆布の出汁「ねこぶだし」美味いもの市

鍋の縁に取り付けられる油はねガード Frywall(フライウォール)

Frywall(フライウォール)油はねガード まちかど情報室 ホーム・キッチン

鍋の縁に取り付けられる油はねガードがNHKおはよう日本まちかど情報室に登場。

2018年10月29日放送のNHKおはよう日本「まちかど情報室」で鍋に取り付けられる油はねガード「aplusring(メーカー)」「Frywall(フライウォール)」が紹介されました。

スポンサーリンク

Frywall(フライウォール)

Amazon Frywall 究極の油はねガード

Yahoo! Frywall 10 究極の油はねガード

楽天市場 Frywall 究極の油はねガード

 

Frywall(フライウォール)が10月29日(月)放送のNHK、おはよう日本、まちかど情報室で紹介!

サイズは、S(20cm)、M(24cm)、L(26cm-28cm)XL(30cm)があります。

フライウォールをすれば、蓋をしないため、ひっくり返す、炒める、調味料を加えることが可能。

これまでにない画期的な油はねガードがフライウォールです。

サッと洗えてコンパクトに収納でき、食洗機も使える、またシンクでの手洗いも簡単。

乾いたら丸めて付属のスーブに入れて、保管も場所を取らないので助かります。

素材には、シリコン製(シリコーン)が使われており丈夫で、約232℃の高温に耐える耐熱だから安心。

色はオレンジ、緑、黒、赤があります。

フライパンを使用した油ハネを防止する便利グッズ

揚げ物、グリル、スープや煮物などを鍋やフライパンで加熱する結構な確率で油はねが起き、周辺が油で飛び散りベトベトしてしまうんですよね。

その油ハネをどうにかしたい。
油ハネを防止する便利グッズを探している方は参考にしてみてください。

  • 360度油はねをブロックしながら具材を混ぜる、加える、ひっくり返すことができる。
  • オイルスクリーン使用時に諦めていた、ひっくり返すタイミングでの油はねも心配いらず。
  • オイルスクリーンの網の目から飛び出てしまうような細かい油もしっかりキャッチ。
  • コンロ周りのお掃除が楽に。
  • フライパン内の蒸気を逃がす機能はもちろん、揚げ物だけでなく、水分が多い具材の炒めモノやお肉などのグリルも美味しく焼けるのに油はねは防止できる。
  • 耐熱温度232℃だから高温調理も大丈夫。
  • やわらかいシリコン製で丈夫だから繰り返し洗っても長持ち。
  • 食器洗い機(食洗機)にも使える。手洗いも洗剤をつけたスポンジで全体の汚れを落として完了。
  • 丸めてコンパクト収納できるので、洗って乾かしたらクルクルと丸めて小さくできるので片付ける場所も省スペース。

このような従来のオイルスクリーンではできなかった油はねをガードしておいしく料理が作れます。

注意事項
使うフライパン、鍋のサイズを確認して、適合する大きさのサイズを選んでください。

例)フライパンサイズ26cmの場合は、M・Lどちらでもお取り付けできますが、内径がピッタリもしくは少しでも26cmを超える場合は、フライパンの面をより広く使えるLサイズがオススメです。

フライウォールのレビュー・評価・評判・クチコミ

気を遣う油ハネ対策として、丸い網のタイプのものと選択を迷いましたが、見た目に惹かれてこちらを購入。
使い方も簡単、なかなか良い。ぐるっと360度壁をつくってくれるので、急な油はねも安心できて、コンロ周りの掃除もずいぶん楽になりました。
素材がシリコンで丈夫そう、長持ちしてくれるの期待。フライパンから外す時はちょっと熱くなっているので、注意が必要ですが、素手で外せるレベルです。

便利グッズを調査してレビューするサイトで、動画付きでこちらの商品が紹介されており、気になって購入。
結果、揚げ物後の掃除がかなり楽になりました。
油はね防止効果のほうは、100%とはいかないですが、90%ほどブロックしてくれる印象です。
こちらを設置したまま蓋をして蒸すこともできるので、餃子を焼く時にも重宝しています。
うちの小さいコンロでは、Mサイズがギリギリの大きさですね。

フライパンを揚げ鍋として使用するために購入。
周辺への油はねを完全にガードしきれるわけではありませんが、かなりの量を抑えてくれます。一口用コンロガードよりしっかり抑えてくれるので、料理後の掃除が非常に楽になりました。シリコン自体は油まみれになりますが、コンロ掃除よりよっぽど簡単です。
網状のフタになっているオイルスクリーンを使ったことがありますが、あちらは開け閉めの際には網状のフタになっているオイルスクリーンも使ったことがありますが、あちらは開け閉めの際には抑えられませんし、揚げている様子もわからないので不便でした。こちらは上が常に開いているので食材の投入も状態の観察も楽。
また揚げ油に浸かるような使い方をしてしまいましたが、焦げや変形、変色もなく丈夫です。

まとめ

まちかど情報室で油はねガード「Frywall」フライウォールが紹介されました。

オンリーワンの油はねガードで、両手で広げてフライパンにのせるだけで、サッと簡単に設置して、揚げ物や水分の多い具材の炒め物、グリルなどの油はねを360度ガードします。

網のオイルスクリーンと違い、上が開いているので、具材を混ぜたり、加えたり、炒め具合を観たりなどできるので使いやすいです。

また、フタと合わせて蒸すこともできます。
家にあるお手持ちのフタと合わせて蒸す調理も可能。
例えば、餃子を焼く時にオススメ。
最後にフタを外して、胡麻油をまわしても油はねの心配がないので安心です。

フライパンや鍋の油はねによる油汚れにうんざりしている人の救世主です。

コメント