梅沢富美男さんも愛用の根昆布の出汁「ねこぶだし」美味いもの市

1日5,000人が集まる池@岐阜県関市板取 日本「モネの池」小林佐富朗

小林佐富朗さんのブログ 通称モネの池 場所は岐阜県関市板取 サタデープラス 今日ののモネの池 旅・宿・温泉

サタデープラス(2017年7月1日放送)

1日5,000人が集まる池が紹介されました。

岐阜のモネの池 小林佐富朗さんのブログ サタデープラス

出典:フラワーパーク板取

その池があるのが、岐阜県関市板取です。

その池は「まるで○○のような池」と言われています。

絶景の池とは?

スポンサーリンク

名もなき池、通称「モネの池」

岐阜県関市板取にある、名もなき池、通称「モネの池」です。

モネの「睡蓮」と比べてみても、まるで油絵のような不思議な光景です。

かつては、誰も来ないスポットでしたが、ここがブームになったのは2年前くらいからだといいます。

それは、地域を巻き込んだ大騒動からでした。

2年前にネットで、モネの「睡蓮」によく似てるってすごく話題になっていたという。

以前は、地元の人しか知らない名もなき池だったのですが、ある方が、「モネの絵に似てる」とインターネットで公開された写真がきっかけで、一気に話題になり、毎日のようにカメラを持って訪れる人気スポットになりました。

しかし、急に観光地化したため車の渋滞が起きてしまったのです。そして、トイレ不足に。また、「ネットで見たより濁ってるように思うんですけど」と、クレームまで。

この様々な問題を地域一丸で取り組んだ結果、駐車場を無料開放し、トイレを増設。ネットと見た目が違うという声には、小林佐富朗さんが思いもよらない対処法をしました。

「思った池と違う」その意外な対処法とは?

小林佐富朗さんが行った対策というのは、毎朝、池の写真を撮って自身のホームページに載せることで、来る前に池の様子を知ってもらうという対処法でした。

前は、花を生産して出荷するっていうのが主だった小林さん。いまでは、この池の良さをこの地域の良さを知ってもらうことも仕事に加わり、楽しいといいます。

睡蓮の見ごろは、7月中旬までです。

小林佐富朗さんのモネの池のブログ

2017年7月2日 曇

夕べはカミナリとともによく降りました。しっかり白濁しています。このまま雨が降らなければ、回復は2日後の火曜日朝になります。お客さんのプチ情報ですが、頭に小さく逆さまにハートが付いている鯉がいるとか。只今調査中です(笑)

小林佐富朗さんのブログ 通称モネの池 場所は岐阜県関市板取 サタデープラス 今日ののモネの池

出典:フラワーパーク板取

岐阜県関市の通称「モネの池」の場所・地図

名称:モネの池(通称)
住所:岐阜県関市板取白谷

コメント