梅沢富美男さんも愛用の根昆布の出汁「ねこぶだし」美味いもの市

いっちゃんの手作りSweets 気持ち伝わる手作りプリン 販売は?

いっちゃんの手作りSweets 兵庫県加古川市 販売 スイーツ

TBS「あさチャン」2017年2月2日放送の情報です。

今日のあさトクで、中学生起業家が作る驚きのプリンについて特集していましたのでピックアップします。

兵庫県加古川市に住む見た目はかわいい普通の女子中学生ですが、実は自分で会社を経営する中学生起業家の中学3年生の髙橋衣和(いちか)さん15歳です。

2年前に母と共に手作りスイーツの会社を設立した中学生起業家です。この会社の主力商品はプリン。このプリン実はすごい仕掛けがあって話題沸騰なんです。

いっちゃんの手作りSweets 兵庫県加古川市 販売
https://www.facebook.com/ichansweets/

プリンにカラメルソースをかけてちょっと待つと、プリンにメッセージが出るプリンなんです。

  • 気持ち伝わるプリン 1個 496円

いっちゃんの手作りプレミアムプリン

なぜ文字が浮き出るのか、それは特注の文字が書かれた金型をプリンに垂直に推しあててプリン表面に文字を刻みます。そして、カラメルがしみ込んで文字が浮かぶ仕組みになっています。

スポンサーリンク

使用する食材にもこだわりがあります。

手でつまんでも潰れない卵を使用。この卵は地元加古川にあるオクノのたまご(代表:奥野克哉さん)が生産する卵で、強い弾力が特徴です。

そして、卵に合わせるのは乳脂肪が4%近くある淡路島牛乳を使用。生クリームっぽいというか濃厚なのでクリーミーなものとかにすごく相性がいいそうです。

髙橋衣和さんは「皆さんが一生懸命働いたお金で買ってくださるので、私もちゃんとやらないといけない」と話す。すごく関心しますね。しっかりしています。

7年前の小学2年生の時にお母さんに「私は得意なものが何もない」と言ったら、プリンを教えてくれた。それを機にプリン作りの奥深さの魅了された。

市が主催する青空市で飛ぶように売れる。「”おいしい”と言ってもらったり、リピーターさんがついたりという中で、趣味という軽い感じでは駄目だと思った」と話す。

そして、中学1年の時に「いっちゃんの手作りSweets」を設立しました。

現在では、インターネット販売の他、ふぁ~みんSHOP八幡など兵庫・大阪・京都・愛知で20店舗超のスーパーに扱われるようになりました。

購入者は「主人も私も孫も好きなので、店に来たときは必ず買う」といいます。

中にはこんなアイデア商品も

プリンを衣で包み油で揚げて作るプリンコロッケ。

  • プリンコロッケ 3個 380円

市内の焼肉店に卸し新感覚デザートとして人気となっている。

季節限定の新商品開発

新作のいちごムースを作っています。

使うのは、地元加古川産のいちご、市内のカフェ(ステフォレ)に協力を依頼しお客さんに食べてもらうと、おいしいと評判は上々。

髙橋衣和さんの会社の年商はなんと400万円。

今後の目標

兵庫県内で採れた野菜や果物や肉を使った料理やスイーツを提供する温かいカフェをしたい。どんどん会社を大きくしていきたい」と今後の目標を話す。

いっちゃんの手作りSweets 会社概要

会社名:いっちゃんの手作りSweets
代表:髙橋千栄子
所在地:〒675-1203
兵庫県加古川市八幡町下村1125-1
連絡先:TEL/FAX: 079-439-7253
Facebook:https://www.facebook.com/ichansweets/
ネット通販:http://ichan-shop.com/
お知らせ:2017年2月6日~2月16日まで、受験に集中する為お休みさせていただきます。大変申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申しあげます。

コメント