梅沢富美男さんも愛用の根昆布の出汁「ねこぶだし」美味いもの市

春巻専門店 東京はるまき【誰だって波瀾爆笑】新小岩 中川家も絶賛

春巻き専門店 東京はるまき【誰だって波瀾爆笑】中川家も絶賛 グルメ

誰だって波瀾爆笑(2017年4月16日)放送

今日の港のハランさんは、おいしいのになぜ注目されない?専門店の絶品「極太春巻き」に感動です。

春巻き専門店 東京はるまき【誰だって波瀾爆笑】中川家も絶賛

こだわりの春巻き作りに密着!

スポンサーリンク

春巻専門店 東京はるまき

店主:清宮一さん

新小岩にある春巻専門店に密着。

清宮さんの春巻きは主婦に大人気。

「パリパリだし具がたくさんあって、すごくおいしい」、「具だくさんで子供も満足して、たくさん食べてくれる」など人気が高い。

市販のは餡が10~20gしか入っていないけど、75g入っているので、かつてないボリュームです。

  • 東京はるまき 180円

通常の3倍の大きさ。

春巻き専門店 開店の理由とは?

春巻って主役になれていないおかず、唐揚げがあって、餃子があって、春巻きというような感じですが、実は春巻きを好きな人が多いので、春巻きを主役にしたら専門店を作ったら面白そうだと思ったのがキッカケだといいます。

清宮さんは春巻きがすごく好きで友人が家に遊びに来たときは自作の春巻きを振る舞っていた。

務めていた建築関係の職場を退社し、6年前に移動販売からスタート。全然、最初は売れなかったといいます。

徐々にそのおいしさが認められた。

東京はるまきのすごいのは大きさだけじゃない!

こだわりポイント

具材の種類が多い!

豚挽き肉、すりおろしたニンニクとショウガ、しいたけ、にんじん、もやし、ニラ、合わせ調味料、春雨をひたすら混ぜる!

春巻きの具材でおなじみのタケノコが入っていない。タケノコが入っていない理由は、どうしてもタケノコのエグ味、苦味が取り切れなかったため。

春巻きの皮専門店で作っている特注の皮を使っている。少し塩っ気が入っている、中の具と味がマッチする感じ。

  • 揚げ方

油の温度185度で揚げている。

餃子&からあげに対抗心の清宮さんの激ウマ春巻きでした。

会社概要

店名:春巻専門店 東京はるまき
住所:東京都葛飾区東新小岩1‐2‐3(JR新小岩駅北口 徒歩2分)
営業時間:11時~19時30分(当日仕込分が無くなり次第終了)
定休:日曜日
TEL:070-6454-8609

まとめ

誰だって波瀾爆笑で「春巻専門店 東京はるまき」さんが紹介されました。

とてもおいしそうでしたね。

コメント