梅沢富美男さんも愛用の根昆布の出汁「ねこぶだし」美味いもの市

人生の楽園 ブルーパブ「青空エール」前田康生さんのお店 宮崎

人生の楽園 ブルーパブ 青空エール(前田康生さん)宮崎県グルメ

人生の楽園(2018年7月14日放送)は、宮城県宮崎市にあるビールの醸造所を併設するブルーパブ「青空エール」をはじめた前田康生さん(63歳)と由美子さん(60歳)が主人公です。

前田康生さんは、

  • 宮城県出身
  • 大学卒業後、県庁に就職し観光などを担当。
  • 30歳の時に県の物産館で働いていた由美子さんと結婚。
  • 長女彩帆さんが生まれます。
  • ビール好きが高じてオリジナルビールを提供するお店をやりたいと考えます。
  • 現在の物件を見つけ、由美子さんにはじめてブルーパブをやりたいことを伝える。
  • 60歳で定年退職し開店準備を始める。
  • 2017年1月に「青空エール」をオープンさせました。
青空エール
ビール醸造所のあるパブ&カフェのブルーパブです。
全国の美味しいクラフトビールに負けない、宮崎市橘通(たちばなどおり)産のエールビールを提供。
ビールに合う宮崎の美味しい食材を揃えたフレッシュ料理が楽しめるお店です。
スポンサーリンク

康生さんのビールの特徴

康生さんのビールは、副原料に宮崎産の食材を使うことで特徴を出しています。

看板メニューの「ペールエール」には、日向夏(ひゅうがなつ)の皮を使用しています。
由美子さんが皮むきをしてビール造りを手伝います。

ビールを造る際に出る「麦芽かす」は、市内にある「うちうみハーブ園」に渡しています。
ハーブの肥料にとても良いのだそうです。
こちらのハーブ園で育てられている「ホーリーバジル(トゥルシー)」を康生さんは「ブラウンエール」の香り付けに使っています。

宮崎ブランドのマンゴー「太陽のタマゴ」使った「マンゴーエール」

宮崎県の名産品の宮崎ブランドのマンゴー「太陽のタマゴ」からはじかれたB級品を「マンゴーエール」に使えないか考え、近所で買ったマンゴーで「マンゴーエール」の試作し、マンゴーの香りと甘みがビールの苦味とうまく混ざり合い、宮崎らしい味のお酒ができました。

ブルーパブ「青空エール」(宮崎県)

看板メニューの「ペールエール」をはじめ、康生さんが手造りしたビールや発泡酒、8種類飲むことができます。

オススメ 好きな3種類を選べるテイスティングセット

そして、注目のマンゴーエールは、7月~9月の夏季限定です。

店名:ブルーパブ「青空エール」
住所:宮崎県宮崎市橘通西2丁目7−7 アレグリアビル 2F
電話:0985-86-9252
営業時間
火~金:15時~23時
土:13時~23時
日:13時~20時
休み:月曜
URL:http://www1.bbiq.jp/aozoraale/

「ブルーパブ 青空エール」さんの周辺の地図・場所

まとめ

人生の楽園は宮崎県にあるブルーパブ「青空エール」をオーナーの前田さん夫妻が特集されました。

前田さんはビール好きが高じてセカンドライフとしてビール造りとブルーパブのお店を開くという夢を叶えました。

宮崎の特産品を使用したマンゴーエールの開発など日々努力している様子が放送されました。

青空エールは、ビール以外のノンアルコール飲料として、直挽きコーヒーやハーブティも提供しています。
メニューも豊富で自家製ローストビーフや手造り燻製などが楽しめます。

ぜひ行ってみたいですね。

グルメ
スポンサーリンク
生活通信をフォローする
生活通信

コメント